お礼状を書くのが大変なのです

お中元をいただいたお礼状を書かねばならんのですが、これがなかなか面倒くさいです。
面倒くさがりの自分にとっては苦行に近いです。
なぜ苦行などと言いきるのかというと、猛烈に字が下手で、また、下手なことを自分でもかなり自覚しているので書くのが辛いのです。

ペン習字に習いにいったほうが良いのではないか、と思われるくらいに微妙な文字です。
今まで書いていた癖みたいなものが強いので、今更習いに行ってもどうにかなるとは思えないですし。

いっそ文字など書かずに済ませたいくらいです。
すべてパソコンで済ませたいのですが、それではダメらしいので、我慢して書いています。
おそらく、お礼状をもらった方も、へたくそな文字を我慢して読んでいるのだと思います。

けっこう辛いものがあります。