小説を読むのがとても好きです

現在読んでいる密室殺人の話がだんだん佳境になってきます。
佳境というか、すでにもう終盤に近いです。

殺人をした人の名前が明かされるのを今か今かと待ちつつも、まだ完全に読み終えてしまいたくないような気持でいっぱいになっています。
いやあ、実に面白いですね。
今読んでいるものを読み終えてしまったら、今度は昨年読んでいた密室殺人ものの小説をまた読み返す予定です。

どんだけ殺人事件が好きなのか、自分で自分にあきれ返ります。
綾辻行人氏の小説は、ほかの方が書く殺人ものよりも、かなり細かく作りこまれている感がしてすごく好きですね。

最初のページに部屋の内部を書いた詳細図が挟み込まれているので、かなりわかりやすいです。
これからも、何回か読み返すつもりです。