読書がかなり好きです

現在読んでいる密室殺人を扱った長編小説が、かなり佳境に入ってきています。
もうすぐ犯人当てをするのではないか、と思われる感じです。
どきどきしながら読んでいます。

読み始めるまでは、原稿用紙2,600枚ほどもある小説を読み終えることができるかどうか、非常に微妙でした。
途中で飽きて読むのを止めてしまうのではないか、と思っていたのです。

けれども、読みだすと止まらなくなってしまいました。
うちの旦那は一時間あればかなりのページ数を読むことが可能で、一日に一冊読み切ってしまうくらい速読ですが、私はそのタイプではないようです。
むしろ、人様よりもかなり読むのが遅いほうではないかと思います。

ゆっくりと、大事に読んでいきたい、という思いもあるのでそれでいいのです。