買わなくなったジャンルの本

エッセイ漫画というジャンルがわりと好きだったので一時期月に数冊購入していたのですが、読みやすいためかすぐに飽きてしまいます。
何回か読んだらそれでいいや、という感じです。

軽く読むのにはちょうどいいけれども、内容も軽いものが多いので読み捨てに向いている感じがしますね。
そういうわけで、最近では本屋さんでちょっと立ち読みする程度で済ませてしまいます。
本屋さん的にはこれはまったくうれしくない事態だと思います。

作者のヒトも本来であれば買ってほしいに違いないけれども、だったら、値段に見合う内容のものを書くべきではないかな、とも思います。
多少辛口かもしれないですが、値段に比して中身のないものが多すぎる気がしてなりません。

面白いものがあったら、即刻買いますが。